クラフトブラウンボックス -旭川市-

シリーズ『見たい知りたいお土産買いたい』Vol.2。旭川の「北の嵐山」で、木工クラフトの空間に浸れる「クラフトブラウンボックス」さんについて。

一輪挿し

旭川のクラフトショップ

カポラキポラカポラキポラカポラキポラ……

 

心地よく軽やかな音色を聴きながら、クラフトをのんびり眺める。

 

そんなぜいたくな時間を過ごせる、隠れ家のような空間が、旭川の「嵐山」にあります。

 

以下のコラムでもご紹介している「北の嵐山」。

 

 

2019/06/11 大雪窯 -旭川市-
2019/06/11 大雪窯 -旭川市-

 

今回は、旭川で作られたクラフト製品を販売する「クラフトブラウンボックス」をご紹介します。

 

クラフトブラウンボックスは「旭川で作る」ことに、とことんこだわったクラフトショップ。

 

さまざまな地元作家の木工作品を、数多く展示・販売しています。

 

クラフトブラウンボックス

家具の産地のお土産として

旭川が日本有数の家具の産地であることは、ご存知の方が多いのではないでしょうか。

 

旭川に来てみたら、旭川空港や旭川駅、旭川デザインセンターなどなど、旭川家具を見たり使ったりする機会が、実は結構多いのです。

 

私・カワノも、駅でテーブルを使う度、デザインセンターでソファーに座る度、「あぁ…いつか欲しい…」としみじみ思ってしまいます。

 

ただ、今のところはあくまでも「いつか」です。

 

大きさ的にもお値段的にも、一人暮らしという現在の状況と懐具合を踏まえると、欲しいと思ったらすぐ購入は、なかなかに難易度高めです。

 

一方で、クラフトブラウンボックスに並ぶクラフトたちは、比較的小さく、お手頃な価格のものがたくさんあります。

 

名刺入れ
靴のストラップ
ようじ入れ

 

名刺入れやストラップ、ようじ入れなどなど。

 

見た目からも感触からも、木のぬくもりが伝わってきます。

 

もちろん自分用に買ってもいいですし、旭川で作られたものですので、お土産にもぴったりですね。

魅力的なスタッフ

このように、クラフトブラウンボックスの素敵なところは、デザイン性と実用性を兼ね備えたアイテムがそろっているところ。

 

…だけではございません。

 

商品はもちろん、スタッフがこれまた素敵なのです。

 

クラフトブラウンボックスを運営しているのは、木工クラフト製品の製造や販売を行っている、「ドリーミーパーソン」という企業。

 

自社で工場は持たず、複数の工場と提携して、つい手に取ってしまうような商品を世に送り出しています。

 

オーナーの得永さんがいらっしゃったら、是非お話を聞いてみてください。

 

商品についての説明を詳しく、かつ、おもしろくしてくれます。

 

そして、そっと木の玉を渡されるはずです。

 

木の玉をもらったら、2階へお上がりください。

 

ツリーのてっぺんから玉を転がすと、冒頭に書いたようなメロディが流れます。

 

ツリー

 

なかなか文字で表すのは難しいので、是非実際に行って聴いてみてくださいね。

 

また、運がよければ、専務にお会いできることも。   

 

猫

 

はい。こちらが「せんむ」です。

 

眼光鋭いですが、問答無用にかわいい。。

 

しっかり名刺もあり、自分専用のメールアドレスもお持ちのようでした。

  

クラフトブラウンボックスで 気ままな時間を

 旭川の木工クラフトを、見て、聴いて、触って楽しめるお店、クラフトブラウンボックス。

 

のんびりとお土産を吟味したり、自分へのご褒美に迷ったり、せんむと戯れたり。

 

静かな空間の中で気ままに時間を過ごしに、どうぞ、遊びに行ってみてください。

  

 

 

次は、せんむのナイスショットをおさめたいです。


あさひかわ北彩都ガーデン

クラフトブラウンボックス

 旭川市旭岡1丁目21-8 Googlemap

TEL:0166-50-3388

営業時間:10:00 ~ 日没 (1月、2月は日曜休み)

P:有

公式HPはコチラ

▼こちらのコラムもおすすめ▼