新規サポーター登録

あなたの暮らしがより豊かに、ちょっと楽しくなりますように。

 

モトクラシーを運営している合同会社ココ企画では、みなさまの地元愛が少しだけ高まることを願いながら、様々な地域資源の発信を行っています。今後はより若い世代、大学生や高校生などにもこのフリーペーパー『モトクラシー』をお届けしたく、発行部数の増刷をしていきたいと考えているところです。

 

これらの事業にご賛同いただける方は、是非ともサポーター登録していただき、私たちの小さな地域活動を応援していただければ幸いです。

募集案内


※登録日から1年間です。(自動更新)

特典

モトクラシーのサポーターにご登録いただくと、下記の特典をご利用いただけます。


自宅にモトクラシーが届く

モトクラシーの最新号(年3回発行)をご自宅へ郵送します。ご希望の方へはバックナンバーもお送りします。

 

 

モトクラシーの最新情報が届く

HPでのブログの更新やツアーの造成をした際、ご登録のメールアドレスへいち早くお知らせいたします。HTML形式、週1回程度の更新です。

 

 

ツアーの先行予約ができる

ココ企画のツアーは少人数制。会員様から先行予約を受付けます。

 

 

まだまだ考え中!

他にも特典を考えております。楽しみにお待ちくださいませ。


事業案内

合同会社ココ企画が取組む事業は大きく6つ。これらの活動を通して、地元の暮らしを豊かにしてまいります。


サポーター規約

合同会社ココ企画(以下「当社」という)は、当社が運営する「モトクラシー サポーター」の利用について、以下のとおり本規約を定めます。 

 

第 1 条 (目的)

本会員規約は、当社のサポーター会員制度について定めるものとする。

 

第 2 条 (サポーター会員)

当社のサポーター会員とは、当社の目的に賛同し、当社の事業を応援するために入会した個人とする。

 

第 3 条 (入会手続)

当社のサポーター会員になろうとするものは、別に定める入会申込フォームから、年会費を納入することで入会申込を行うものとする。

 

第 4 条 (入会申込みの不承認)

当社のサポーター会員になろうとする者に、以下の行為が認められた場合、入会申込の承認を得ることができないことがある。

(1) 入会フォームに、虚偽の記載、誤記のあった場合。

(2) 過去に当社から会員資格を取り消されたことがある場合。

(3) その他、当社が会員と認めることを不適当と判断した場合。

 

第 5 条 (会費)

1 会費は以下に定める。

モトクラシーサポーター会員 年会費3,300 円(税込)

2 会費は年会費制とし、請求書作成および支払い処理のために提携している「stripe」からの請求により、一括でカードにて支払うものとする。なお、サポーター会員契約を更新する場合は、第6条第3項に従う。

3 会員が既に納めた会費については、その理由の如何を問わず、これを返還しないものとする。

 

第 6 条 (有効期間)

1 本規約に基づくサポーター会員有効期間は、年会費の支払日から翌年同日の前日までとする。

2 期間満了日の7日前までに、会員から当社に対し、stripeにてサポーター退会(定期支払のキャンセル)した場合を除き、更に会員期間を 1 年間ずつ自動更新するものとし、以後も同様とする。

3 前項に定めるサポーター退会をしなかった場合、会員は更新日から1週間以内に会費を支払うものとする。

 

第 7 条 (変更の届出)

1 会員は、氏名、住所、連絡先等、当社への届出事項に変更が生じた場合には、速やかにstripeにて会員情報を更新するものとする。

2 会員が、本条第1項の変更申込を行わなかったことにより、不利益を被った場合でも、当社はその責任を一切負わないものとする。

 

第 8 条 (退会)

会員は、stripeにてサポーターを退会(定期支払いのキャンセル)することができる。ただし、未払いの会費等がある場合には、会員は退会後も当社に対する未払い分の支払いを免れないものとする。

 

第 9 条 (会員資格の取り消し)

当社は、会員が次の各号の一つに該当すると認めた場合、会員資格を取り消すことができる。

(1) 当社の名誉を著しく傷つける行為、または会員としての品格を損なう行為があったと、当社が認めた場合。

(2) 会費の納入が、支払日より1ヵ月以上遅滞した場合。

(3) 当社のサービスを通じて、他会員の連絡先、プロフィール等の個人情報を収集する行為、また入手した情報について複製・公開・配布・出版・販売等を行う行為があった場合。

(4) 会員が自然人である場合は本人が死亡し、または失踪宣告を受けた場合。

(5) 法令又は公序良俗に反する行為を行った場合。

(6) 本規約又は、その他当社が定める規則に違反した場合。

(7) その他、当社が会員として不適格と認める相当の事由が発生した場合。

 

第 10 条 (会員の権利と特典)

サポーター会員は、以下の権利と特典を有する。

(1) 当社が発行しているフリーペーパー(最新号)を登録住所へ郵送する。希望があればバックナンバーも同時に郵送する。

(2) 当社のHPにてブログ更新等を行った場合、予め当社に通知したアドレス宛に配信を行う。

(3) 当社が企画するセミナー、交流会、ツアー等への優先招待、並びに利用に関する情報を案内する。

(4) その他、新たな権利と特典を導入した場合、速やかに会員へ告知する。

 

第 11 条 (会員の義務)

会員は、本規約、当社の定款ならびにその他当社が定める規約、当社との間で合意をした約定を遵守する。

 

第 12 条 (規約の追加・変更)

1 本規約に定めの無い事項については、当社にて決定し、定めるものとする。

2 当社は、特典の内容および会費を含め本規約の全部または一部を追加・変更することができる。当該変更は、予め当社に通知したアドレス宛の電子メール、当社ウェブサイト上の一般掲示又はその他当社が適当と認めるその他の方法により通知した時点より効力を発するものとする。以後会員は当該追加・変更された本規約に拘束されるものとする。

3 規約の変更に伴い、会員に不利益、損害が発生した場合、当社はその責任を一切負わないものとする。 

 

第13条(著作権)

1 会員は、当社の承諾を得ないで、いかなる方法においても当社サービスを通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲を超える複製、販売、出版、その他の用途に使用することはできないものとする。 

2 本条の規約に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の責任と費用において係る問題を解決するとともに、当社に何らの迷惑又は損害を与えないものとする。 

 

第 14条 (免責及び損害賠償)

1 戦争・テロ・暴動・労働争議・地震・噴火・洪水・津波・火災・停電・コンピューターのトラブル・通信回線のトラブル・システムの保守点検・更新等によりやむを得ず会員サービスを変更、中止または一時停止せざるをえなかった場合、当社は一切責任を負わないものとする。

2 会員は、当社が提供する特典および当社の活動に関連して取得した資料、情報等について、自らの判断によりその利用の採否・方法等を決定するものとし、これらに起因して会員または第三者が損害を被った場合であっても、当社は一切責任を負わないものとする。

3 会員間で紛争が発生した場合には、当該会員間で処理するものとし、当社は一切責任を負わないものとする。

4 会員と第三者との間で紛争が発生した場合には、紛争当事者である当該会員は、自己の費用と責任において、これを解決するものとする。

5 本規約に違反した会員に対し、当社は告知なしにサービスの利用停止、会員資格の取り消し等の措置をとることがあるが、それによって生じたいかなる損害に対しても一切責任を負わないものとする。

6 登録メールやパスワードが第三者に利用されたことによって生じた損害等については、当社に重大過失がある場合を除き、当社は一切責任を負わないものとする。

7 他会員の情報が不正確または虚偽の内容であったこと等により、会員が被ったすべての損害および不利益について、当社は一切責任を負わないものとする。

8 当社は、会員情報、会員同士のやりとり等につき、いかなる目的においても監視する義務を負わないものとする。

9 万が一、当社が会員に対して損害賠償責任を負う場合であっても、その原因の如何に関わらず、当社は間接損害、特別損害、逸失利益ならびに第三者からの請求および軽過失に基づく損害について、予見の有無に関わらず、当社が負う責任は会員が支払う会費を上限とする。

10 会員が退会・会員資格の取り消し等により会員資格を喪失した後も、本条の規定は継続して当該会員に対して効力を有するものとする。

 

第 15 条 (個人情報の保護)

当社は、自身が定める個人情報保護方針に基づき会員の個人情報を管理し、その保護に万全を期すものとする。

 

第 16 条 (反社会的勢力への対応)

1 当社は、会員が以下の各号に該当する場合、何らの催告をすることなく、会員に対して、会員資格の取消をすることができるものとする。

(1) 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力

   (以下、「反社会的勢力」という。)に属すると認められる場合。

(2) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる場合。

(3) 反社会的勢力を利用していると認められる場合。

(4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる場合。

(5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有している場合。

(6) 自らまたは第三者を利用して、当社または当社の関係者に対し、詐術、暴力的行為、または脅迫的言辞を用いた場合。

2 当社は、会員が自ら又は第三者を利用して以下の各号に該当する行為をした場合には、何らの催告をすることなく、会員に対して、会員資格の取消をすることができるものとする。

(1) 暴力的な要求行為。

(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為。

(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為。

(4) 風説を流し、偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為。

(5) その他前各号に準ずる行為。

3 会員は、反社会的勢力のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等ではないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとする。

4 当社は、本条の規定により、会員資格の取消をした場合には、会員に損害が生じても当社は何らこれを賠償ないし補償することは要せず、また、これにより当社に損害が生じた場合は、会員はその損害を賠償するものとする。

 

以上、当社すべての会員に本規約を配布する。

 

本規約は、令和3年6月10日から施行する。