· 

天然酵母の蒸しパン sitoa(しとあ) -東川町-

シリーズ「お買い物したい」Vol.14。東川町の素朴で優しい味わいの蒸しパンはいかがでしょう。アレンジ色々で小腹も気持ちも満たしてくれる「天然酵母の蒸しパン sitoa(しとあ)」さんについて。

懐かしい気持ちになる蒸しパン

ふんわりもちっとした蒸しパン。

 

私(オガワ)は小さい頃によく、おばあちゃんの家で食べていました。

 

あれですよ。三角の形をした、プレーンやよもぎの種類があって、小豆が入っているやつ。

小さい頃は小豆が苦手だったので、上手くパンの部分だけを食べてたなぁ。

素朴な味わいで、食べていて飽きないんですよね。

 

なので、東川町に蒸しパン屋さんがあると知った時、懐かしいのと同時に、少しワクワクした気持ちになりました。

 

今回は、東川町の田んぼに囲まれた場所で、かわいくて美味しい蒸しパンがお買い物できる「天然酵母の蒸しパン sitoa(しとあ)」さんをご紹介します。

 

 

蒸しパンといったらココしかない

しとあさんの場所を上手に説明できる自信がありません。

いつも迷ってしまう私ですが、最近、攻略法を見つけました。

 

旭川より、旭川旭岳温泉線をなにも考えず、東川町までグングン進んでください。

途中、黄色いホクレンのガソリンスタンド(手前にもありますが、東川町の方です)が見えてくるので、信号を左に曲がり、まっっすぐ進んでください。右手側に大きいsitoaの木の看板を見つけたら到着です!

お家のような佇まいで、3台ほど止まれる駐車場がありますよ。

 

ひがしかわ食堂 ワッカ  せんとぴゅあⅠ

 

お店の中は、大人2~3人が入れるくらいの小さなスペース。

木棚に色とりどりの蒸しパンがズラッと並んでいて、どれにしようか迷ってしまいます。

 

 

天然酵母のむちっとした蒸しパン

ころんとまるまるした見た目がかわいい、しとあさんの蒸しパン。

 

いつも写真を撮る前に食べてしまい… しとあさんのFBから拝借しました。
いつも写真を撮る前に食べてしまい… しとあさんのFBから拝借しました。

 

しとあさんの蒸しパンは、長時間の低温発酵なので、

もちっふわっというよりは、むちっもちっとしていて食べ応えがあります。

 

 

蒸しパンを作っているのは、神戸から東川町へ移住された、池田ご夫妻。

東川町へ訪れた時、子どもを育てるのにぴったりな自然環境と、蒸しパンに感動したそうです。

  

天然酵母の蒸しパンsitoa(しとあ)
いつも温かく迎えてくれてありがとうございます。

 

 ん?蒸しパンに感動・・?

 

実は、しとあさんが東川町でお店を始める前、「しのぱん」というお店が蒸しパンを作っていました。

しのぱんさんが東京に移転されることを機に、しとあさんがレシピを引き継ぎ、2019年からお店をOPEN。

 

作り手が変わっても、変わらない美味しさ。素晴らしいです。

 

スイーツ系からお料理系まで

しとあさんの蒸しパンは、前段でもお伝えしたとおり、種類豊富。存分に悩んでください。

 

スイーツ系では、チョコバナナ、スイートポテト、ベリーベリークリームチーズ、つぶあんとかとかとか。

 

天然酵母の蒸しパンsitoa(しとあ)

 

お料理系では、きんぴらマヨネーズ、ピロシキ、枝豆ベーコンチーズ、てりやきチキンマヨとかとかとか。

 

天然酵母の蒸しパンsitoa(しとあ)

 

気になる相手の好みがわかるかもしれませんね。

ついつい私は、他のモトクラシースタッフが買うであろう蒸しパンを想像して楽しんでいます。

 

 

そうだ、蒸しパンパーティーとか楽しそうですね。

10個くらい買って、木のプレートや籠にいれて…うわぁ、絶対かわいい。

好きな飲み物片手に、次は何食べる?という平和な会話をしたいです。

外が暖かければピクニックもいいですなぁ。

 

 

懐かしくて新しい蒸しパンをご堪能ください

素朴な味わいでなんだか懐かしい気持ちにさせてくれる蒸しパン。

さらに、しとあさんの想いとこだわりが詰まったものであれば格別ですね。

 

ちょっと小腹を満たしたいおやつの時でも、お家へお邪魔する時のお土産としても。

天然酵母の蒸しパンsitoa(しとあ)さん、どうぞ訪れてみてください。

 

人気で売り切れの時もあるので、早めの来店をオススメします!

 

 

 

おばあちゃんに蒸しパン買ってこうか~

 

 


ひがしかわ食堂 ワッカ

天然酵母の蒸しパンsitoa(しとあ)

東川町西5号北28番地 Googlemap

TEL:0166-82-2383

営業時間:10:00~16:00 ※無くなり次第終了(不定休)

公式Facebook

▼こちらのコラムもおすすめ▼

category