· 

シェアサイクル、はじまってます -東川町-

シリーズ『モトクラシーレポート』Vol.2。大雪山の麓にあるお洒落タウン・東川町ではじまっている、手軽な二次交通サービス「シェアサイクル」について。

シェアサイクル

東川町 シェアサイクルはじまってます

爽やかな風を全身で受けながら、どこまでも続くまっすぐな道を自転車で駆け下りる。

 

自然とゆずのあの名曲が脳内に流れてくるような、そんな夏の一場面。

 

少しでも、「体験してみたい…!」と思ったそこのあなた。

 

東川町に来れば、その願い、叶います。

 

 

― 東川町、シェアサイクルはじまってます

 

東川町のまっすぐな道
東川町のまっすぐな道。

 

2019年6月1日~10月14日の期間中、東川町とコギコギ株式会社がタッグを組んで、シェアサイクルの実証実験を行います。

 

既に新聞やネットニュースなど、様々なメディアで報道されているので、ご存知の方も結構いらっしゃるのでは?

 

もしかすると、もう実際に乗ったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

体験済みの方は、とっくにその便利さをご存知だと思います。

 

本コラムはささーっと読み飛ばして、空いた時間でまたシェアサイクルを乗り回しちゃってくださいな。

 

未体験の方は、ちょっとお付き合いいただけると嬉しいです。

 

 

ogicogi説明

シェアサイクル導入の目的

そもそもですが、なぜ東川町でシェアサイクルがはじまったのでしょうか。

 

今回シェアサイクルの実証実験を行う目的として、東川町は以下2点を挙げています。

 

 ① 地域間の移動に伴って発生する経済効果の測定

 ② 観光客の二次交通補完

 

①の経済効果については町側にて計測していただくとして、このコラムを読んでいる方に関係があるのは②「観光客の二次交通補完」ですね。

 

ん?ちょっと聞き慣れない言葉が出てきました。

 

「二次交通」ってなんでしょうか?

 

調べてみると、

「拠点となる空港や鉄道の駅から、観光地までの交通のこと」

なんだとか。

 

旭川空港から羽田空港へ飛行機で移動して、そこからスカイツリーを見に行くために乗る「京浜急行(鉄道)」や「モノレール」、「シャトルバス」等がこれにあたります。

 

現在、旭川空港や旭川駅からは各地へ路線バスが出ているため、観光地までの足がないわけではありません。

 

ただ、当たり前ですが、路線バスは決まった時間に、かつ、バス停があるところでしか乗降車できません。

 

皆さんが出かけたい!と思うときに、いつもバスが来るとは限りません。

 

ちょっと気になるカフェや雑貨屋さんがあるけれど、バス停からはちょっと距離があるかもしれません。

 

もちろん、風を受けながら颯爽と坂道を下り降りることもできません。

  

そこを補完してくれるのが、今回のシェアサイクルです。

 

シェアサイクルの使い方

ポート(駐輪場)は、旭川市、東神楽町、東川町内に7ヶ所あり、計30台の自転車が用意されています(2019年6月時点)。

   

cogicogiポートマップ
モトクラシーフリーペーパー p.19より

 

(フリーペーパーPDFはコチラからご覧ください。) 

 

一般的なレンタサイクルと違い、借りた場所に戻す必要がなく、どのポートでも返却できるのが、魅力の一つです。

  

東川町IYASU HOSTEL ポート
東川町 IYASU HOSTELのポート

 

使い方もとても簡単。

 

少々面倒なのは、アプリをスマートフォンにインストールして、アカウント登録をするところくらいでしょうか。

 

登録してしまえば、借りる、途中で施錠したロックを解除する、返却する、全てスマートフォンで操作することができます。

 

cogicogiの使い方
モトクラシーフリーペーパー p.18より

いざ 実践!

脚力に自信がない方もご安心を。

 

電動自転車なので、坂道も座ったままでラクラクこいで上ることができます。

 

私・カワノは今回初めて電動自転車なるものに乗り、坂道を何度も駆け上がったり、ちゃみせさんのおにぎりめがけて全力疾走したりしてみました。

 

翌日の筋肉痛を少々心配しておりましたが、電動アシストのおかげで全くならず。

 

大変便利な交通手段だと、実感いたしました。

  

ちゃみせと自転車
ペダルが低い位置にあるので、スカートをはいた女性でも乗りやすそう

 

初夏の北海道は、サイクリングにちょうどよい季節。

 

現在は実証実験中ということもあり、お値段もお手ごろですよ。

 

是非この機会にお試しあれー!

 

 

 

電動アシストに頼らずとも、坂道を駆け上がれる脚力をつけるべく、ランニング・筋トレを頑張ろう!

と、思います。


あさひかわ北彩都ガーデン

一般社団法人 ひがしかわ観光協会

  

公式HPはコチラ