なまらしばれる

なまらしばれる

北彩都ガーデン&上川神社極寒の早朝ハイク

2,000円(1人)/ 1,000円(小学生以下)

≪料金に含まれるもの≫

ガイド料、スノーシューレンタル代、保険料、消費税



旭川市は-41.0℃という日本の最低気温をたたき出したレコードホルダーの街。都市化によって暖かくなったとはいえ、旭川はいまでも夏冬の寒暖差は実に60℃。冬場のマイナス20℃なんて珍しくありません。本州だと標高1,000m以上でしか見られない風景が街の真ん中で見られるのです。

大雪山連峰をはじめとした山々に囲まれた上川盆地。天気の良い日は旭岳を頂点とした大雪山連峰が広がります。都会の真ん中とは思えない圧倒的なスケール。空気が澄んでいる冬場だからこそよく見られる絶景です。幻想的な風景をお楽しみください。
明治時代の先人たちは旭川に「北の京」をつくろうと情熱を燃やしていたそうです。天皇陛下の避暑地として離宮計画が進んでいたこともあるそうな。その痕跡が残っているのが神楽岡に鎮座している上川神社。開拓の息吹を感じる歴史探訪の小ツアーです。


詳 細

<開催日>

12月下旬 ~ 3月下旬

 

<参加料(税込)>

 2,000円(1人)/ 1,000円(小学生以下)

 

<料金に含まれるもの>

ガイド料、スノーシューレンタル代、保険料、消費税

 

<当日必要な物>

・暖かい服装(スキー/スノーボードウェア最適) ・防寒靴(スノーブーツ/足首が隠れる防水性のあるタイプが最適) ・手袋防止などの防寒具

 

<集合場所・時間>

7:00 マルウンホール(旭川市宮下通10丁目3-2) Google map

 

<添乗員>

あり

 

<予約締切>

2日前18:00まで(前日応相談)

 

<支払い方法>

事前クレジットカード決済(VISA or Master)、または当日現地現金払い