· 

暮らす人ファーストのまち -比布町-

シリーズ『モトクラシーレポート』Vol.3。世界一大雪山がきれいに見えるまち・ぴっぷ町は、隠れ家的魅力がいっぱいで、とにかく優しいまちなのです。

シェアサイクル

盛らない 飾らない 気取らない

「世界一大雪山がきれいに見えるまち」。キャッチコピーは豪快なストレート。でも、内実、出会う町民はみな謙虚で穏やかな人ばかり。

 

北海道の中心からちょっと北。旭川市から車で30分程度。比布町と漢字で書いてしまうと正しく読んでもらえない。人口4,000人弱という小さな町『ぴっぷ町』は、モトクラシースタッフが密かに愛し、陰ながら応援している、とっても可愛い町の一つです。

 

比布町 イチゴ
ぴっぷ町と言えば「いちご」

  

・大正時代から栽培が続く、甘くて大きな『いちご』

・最高ブランド特A米『ゆめぴりか』発祥の地

・地域のブランド卵に、地場産の小ねぎを用いて作られたオリジナル醤油を組み合わせた最強のTKGセット。

 

などなど、

 

冒頭に記したキャッチコピーを含め、自慢をしようとすればいくらでも自慢ができる地域資源の数々。

 

ところが、ちょっと歯痒いくらい、ぴっぷの人たちはそれらを声高らかに力強く宣伝しようとしていないように見えるのです。

 

どこか謙虚。そして穏やか。

 

どうしてこのような優しい空気感に町が包まれているのか?足しげく通い続けて、少しずつ町の人たちからお話を聴いて、なんとなくその答えが見えてきたのでご紹介するのが今回のコラムです。 

 

比布町の卵かけごはん
最強のTKG おススメ!

徹底的に暮らす人ファースト

村中町長はじめ、役場の方々は『町民ファースト』を公言します。まずは暮らしている町民を最優先。町民のために何ができるかを、職員(町民)自らが考え、できることからコツコツ行う。ぴっぷ町役場の方との打ち合わせは、誰と話しても大抵この結論に至ります。

 

結果として、現在の観光業界のトレンドからは若干外れていることは否めません。私が書くコラムでしばしば触れますが、訪日外国人(インバウンド)をターゲットとした政策が現在の主流だからです。

 

ただ、実際に北海道を訪れている、特に個人旅行者の訪日外国人と接してみると分かるのですが、実はぴっぷ町のスタンスが正解のような気がしてくるのです。

 

北海道、それも道北地域を訪れている外国人旅行者の多くは、JAPANという国のリピーターが多いです。東京・大阪・京都・札幌といった大都市圏を既に訪問し、いわゆるクールジャパンを既に体験済み。いまさら着物体験とか抹茶体験を求めていない人が多いのです。

 

彼らが知りたいのは「本当の田舎(Local)」。作られた観光地や人工的な商業施設には興味がありません。

 

日本人は、北海道の人たちは、日常どのように暮らしているのか。そういった視点で外国文化を楽しんでいる旅行者にとって、『そこに暮らしている人が、ごく自然に地元愛を持っている』ということが、もの凄く価値を持つということを知っていただきたいです。

 

ぴっぷ町が戦略的に「町民ファースト」を推進しているのかは分かりません。しかし、結果として旅行者にとってとても居心地の良さを感じることのできる町になっているなと私は感じています。

 

泥んこバレー 比布町
名物 「泥んこバレー」 観光イベントにしていないことが素晴らしい

おススメの飲食店は隠れ家的魅力がいっぱい

 

町内にある飲食店。決して数は多くないですけど、前述したとおり飲食店も「町民ファースト」を意識されているのか、団体観光客がいて落ち着かないということがありません。

 

どこか家庭的で、居心地がよい。ぴっぷ町の飲食店さん共通の特徴です。そして、当たり前ですがいつも地元の人が利用していますので、ちょうど良い活気に満ちているのです。旅行者にとっても快適な空間ばかりですよ。

 

このコラムを書いている2019年の夏は北海道にしては厳しい暑さが続いています。

 

そこで、冬に制作したぴっぷ町の飲食店さんを紹介する動画を掲載しますので、一服の清涼剤にしていただければ幸いです。

   

旭川市から車で30分。

 

ぴっぷ町というまちそのものを隠れ家的に楽しんでいる私たち。

 

たった1回しかモニターツアーをやっていないのに、お店で再会した町民の方が声をかけてくれました。私たちにとって、こんなに嬉しいことはありません。

 

声を大にして宣伝してほしいと、町の方から依頼されたことはありません。幸い、私たちの発信力はとっても弱いので(苦笑)ぴっぷ町のみなさまにご迷惑をかけることもないでしょう。

 

それでもたまたまこのコラムを読んで、動画までしっかり見てくれたアナタ。

 

旭川市から少しだけ足を伸ばして是非ともぴっぷ町を訪れてみてください。そして、できれば全く飾らない町民のみなさまとふれ合ってみてください。きっとこの町が好きになりますよ。

 

  

 

 

個人的TKG選手権。今のところココが第一位です。


あさひかわ北彩都ガーデン

北海道 比布(ぴっぷ)町

  

公式HPはコチラ