リッカロッカ -美瑛町-

シリーズ『美味しいもの食べたい』Vol.2。第2回は、美瑛中心部から少し離れた美馬牛(びばうし)で、優しさを伝えてくれる小さなパン店「リッカロッカ」について。

リッカロッカの外観

美瑛の小さなパン屋さん

朝晩はまだ少し冷え込みますが、昼間の気温はぐんぐん高くなり、夏本番を迎えつつある北海道。

 

この時期の道内旅行先として、毎年上位にランクインするのが『美瑛(びえい)町』です。

 

美瑛町と聞いて想像するのは、やはり彩り鮮やかな丘の風景でしょうか。あるいは神秘的な青い池?

 

夏の美瑛らしい景色を味わうのももちろんよいですが、歩いて写真を撮ってちょっと小腹が空いたら、美味しいパンはいかがですか。

 

今回は、美瑛町の美馬牛(びばうし)という地区にちょこんとたたずむ、「小さなパン店」にスポットを当てていきますよー。

 

チョコバターサンド

いざ リッカロッカへ

美馬牛へは、美瑛町の中心部から、車だと15分ほど、JRだと10分ほどで行くことができます。

 

JR美馬牛駅から歩いてすぐ近くに、今回紹介するお店、小さなパン店「リッカロッカ」はあります。

 

お店に近づくと、パンの香りがふんわりと漂ってきました。 

 

スタッフとリッカロッカの外観

 

香りをたっぷり吸い込みながら店内に入ると、店主の市川さんとオレンジ色の照明が温かく迎えてくれます。

 

店主の市川さん

 

店内には10種類以上のパンが並べられており、そのどれもが市川さんこだわりの一品。


「小麦のうま味や風味を大切に」をモットーに、美瑛産小麦や天然酵母など、シンプルな材料を使用しています。


塩分の量も必要最低限にしているとのこと。


毎日食べても身体に優しいパンなのです。

 

リッカロッカの店内

カフェでゆっくりしていきましょう

お急ぎでしたら、パンをテイクアウトして後で楽しむのもよいですね。

 

でも、折角美馬牛まで来たんです。

お時間が許すようでしたら、併設のカフェでほっこりゆったりしていきませんか。

 

お好みのパンと一緒に、びえい牛乳や有機りんごジュースなど、お好きな飲み物をオーダーできます。

野菜たっぷりのミネストローネも、これまた美味♡

 

どれを頼んでも身体に優しいのが、リッカロッカの素敵なところです。

 

ミネストローネ

 

店内には、木のぬくもりが感じられるテーブルやイスが並び、窓から美瑛の丘の眺めを堪能することができます。

 

おひとりさまでもくつろげるカウンターあり。

家族やお友達連れにぴったりなテーブルあり。

 

誰もがつい長居してしまうような、居心地のよい空間です。

 

リッカロッカの店内

 

暖かい日には、そよ風を受けながら外で食べても気持ちよさそうですね。


景色が素敵なので、ちょっとしたピクニック気分が味わえちゃいます♪

 

リッカロッカの外観

 

夏もはもちろん、冬も素敵な景色を眺められる、小さなパン店「リッカロッカ」。

 

1年を通して、ほっこりゆったりしたいときに利用したいカフェの1つです!

 

 

 

パンの香りにはストレスを軽減する効果があるらしいですよ!

幸せな匂いですよね♪


RICEの外観

LIKKA LOKKA

美瑛町美馬牛南1丁目5-50 Googlemap

TEL:0166-73-4865

営業時間:10:00~15:00 ※パン売り切れ次第終了

定休日:日・月(4月~11月)

    日・月・火(12月~3月)

P:有

公式ブログはコチラ

▼こちらのコラムもおススメ▼